注文住宅で新築。悩みすぎて右往左往。

投稿者: | 2017年5月17日

新築住宅を建てる時、基本である間取りに一番悩みました。

生活しやすく過ごしやすい間取りはどういったものか考えれば考えるほどわからなくなってきて、
少し決まっても本当にそれでいいのかの繰り返しでした。

正直、設計士さんが考えてくれた間取りを平面の図面で見ても、全然想像がつかなくて決断が出来ませんでした。

そこで、いろんな所に建てられている展示場やモデルハウスに出来るだけ行きました。
似た様な間取りでも一軒一軒、部屋の隅々まで見ました。

行けば行くほど、いろんな間取りが見れて、広さや雰囲気も体感出来たので自分の中の理想の間取りが想像しやすく、どうすれば良いのか少しずつわかってきました。
そして全然考えてもいなかった事にも気づく事が出来、どういった所にどのくらいの収納スペースが必要か、コンセントの位置や数、細かい内容まで考える事が出来るようになりました。

これから家を購入しようと考えている方は、展示場やモデルハウスを出来るだけたくさん見に行くことをお勧めします。

今になって思いますが、宿泊体験や生活体験があれば行けば良かったなと。
水回りは実際に使用出来ないので、その時気づけなかった事が後になって気づく事もあります。

もし宿泊体験や生活体験があれば、それを利用することで細かい部分の満足度が違ってくるはずです。
是非、後悔のない家づくりをする為にも参考にしていただければと思います。