薪ストーブの変わりに

昔からログハウスや煙突のある別荘といった、アウトドアなインテリアが大好きです。
週末になると家族を連れてキャンプに行きます。中でも、キャンプファイヤーや焚火、薪ストーブなど、火を囲んで酒を飲んでいると、普段は考えないような人生の深い部分に思慮をめぐらし、とても充実した気分になります。

普段生活している家は、静岡の一戸建てですが、何とか薪ストーブを置けないかずっと悩んでいました。妻は「面倒」だと言って反対しているのですが、私は家に薪ストーブがあればどんなに嬉しいだろうと、希望を捨てられません。

そんなときに見つけたのが、ある大型家具量販店の薪ストーブもどきヒーターです。電気式で火とはほど遠いのですが、火が結構リアルに再現されるので遠目(隣の隣の部屋からとか)は本物そっくりに見えます。

家族が寝静まってから、一人ヒーターの炎もどきの灯りを見つめながら、いつかは本物の薪ストーブを家に置きたいと願う日々です。